FC2ブログ

rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2020-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

建物  鳥取市東町

夏に来たときはまだベタ基礎だった。二ヶ月でここまできたかー、早いなー。
hallP1000348.jpg
梁の赤松は280年物だという。
hallP1000333.jpg

hallP1000343.jpg

hallP1000337.jpg
床下の材木も一等もんだ。施主より施工側の方が気合入ってるわ。

若戸大橋

若松に所用あり初めて若戸大橋を利用。awakatoP1000188.jpg

awakatoP1000189.jpg

awakatoP1000197.jpg

awakatoP1000199.jpg

awakatoP1000200.jpg

awakatoP1000201.jpg
切手もありましたな。

この夏、実家に行って驚いたのが庭の花壇が取っ払われて、ベタ基礎が打たれていた。
ttCIMG0220.jpg


屋根付車庫もなくなってる。しまった!ボデイカバー忘れてきた。内装が心配だなあ、紫外線の影響。 ttCIMG0223.jpg

ttCIMG0224.jpg
裏庭は健在。池には二年前にホームセンターで買った金魚とめだかは元気に泳いでいた。
ttCIMG0225.jpg

ttCIMG0226.jpg
晩はおうちで焼肉。友人がいいお肉を神戸からもってきてくれた。
ttCIMG0231.jpg
さよなら、また今度。お達者で!
われわれは 
神戸を目指す。

神戸三宮

三宮の子だった私は意味もなく三宮を徘徊する子供だった。戦後のドサクサ感残ってる40年代(1940年じゃないよ昭和だよ)の神戸の町並み、特に盛り場が好きだった。
小学校は歩き、中学校は往きはバスで帰りは徒歩。高校からは阪急電車での通学だった。阪急三宮駅から北側のサンセット通り、生田新道から山手幹線までのゾーンはハイカラと猥雑が程よくミックスされた子供の目から見ても心地よくある意味神戸の大人たちに羨望を抱きつつこの街で育てられた。ので今の私がある。先日あるサイトで阪急三宮北側の画像に触れ、狂喜したものだ。なつかしー

スバルビル 西新宿

西新宿のスバルビルの地下部分に この作品はある。

subaruP1000049.jpg



昭和44年東宝の「弾痕」のワンシーンにこの作品の前で加山雄三と大地喜和子がデートしていたのがあったなあ。 

文部科学省 霞ヶ関

monkashouP1000042.jpg

あっというまに建っちゃった。ファサードは前の建物をそのまま残している。

JR八幡駅 八幡東区

tobataP1000005.jpg


解体工事中の八幡駅、歴史のある建物が又壊されていくかつては鉄道博物館があったらしい。

東京ミッドタウンプラス 六本木

東京生活も最後に近づくこの日、東京ミッドタウンに行ってみた。

一階モニュメント前
yP1000010.jpg

P901iSで撮影
    
ypmidtownphoto.jpg
撮影機種失念



AUDIの展示会も行われていたよ。>AUDIファンの方々
yP1000012.jpg


     

北九州物件

見ないで決めました。20070413013454.jpg

物件2

20070320070238.jpg

グリコ

bw_uploads_DSCF2708.jpg

阪急梅田駅コンコースただいま工事中

10月の終わり大阪に立ち寄り、梅田のコンコースがどうなったか見に行きたくなった。昨年、工事に入る寸前のコンコース。この記事を見て初書き込みをしてくれたtomyさんとは今でも親しくさせていただいている。

今週の八幡駅

週末は九州だった。
hobasiraP1020424.jpg
八幡駅前から帆柱を臨む。帆柱のケーブルカーは最近廃業になったと聞く。

  yahataekiP1020422.jpg
 真ん中の意匠は日本で最初の溶鉱炉を描いたものである。

ダイワロイヤルホテル八幡

私の八幡での常宿である。
当時日本のお金が集まってきた日本最初の官営工場本社跡に建てられたホテル
royal2P1020284.jpg

朝はしっかりしたブッフェスタイルの朝食がとれる。
                   royal3P1020282.jpg

食事の後はオーブンで温めたいつものパンにジャムをかけてデザート替りにするのが戸川流。
        royal00P1020342.jpg

  平日からの連泊だとツインシングルユースになる。
 

開帝廊(かんていびょう) 神戸市中央区

これは5月4日に撮影したもの。中学校の通学路にあるのだが今まで中に足を入れたことがなかった。関帝廊は華僑の人の間では「商売繁盛」ということで今も信仰を集めている。kobeVFSH0563.jpg

交通博物館 

今日は37年振りに交通博物館だ。本日惜しまれながらも閉館だ。
鉄道関係は埼玉に移管されるらしいがその他の展示物はどうなるのだろう。ご存知の方は教えて欲しい。
車コーナーの映像で「117クーペ」が出てきたので思わず激写!
だが、1年ぶりに取り出してきたデジカメ壊れてて写ってない!!

購入してから12枚くらいしか撮ってない。レンズ付SDかよ!
今日秋葉原で128MBのSDを2480円でかったのにい。

なんですって、携帯電話で撮ればいいジャンって?
携帯電話、会議中に社長の前でアラームなったからあせって電池取り出そうとしてショートしてパーよ。

というわけで画像はありません。

北野マイスターガーデン 旧北野小学校

私の母校は大正時代の建物だった。昭和45、6年ころまでは空襲よけのために黒く塗られていた。旧生田区には学齢期の児童が減少。私のころは区に7つあった小学校が今はたったの1校だ。
現在は大正時代の建物を利用した観光施設に変身している。
kitanoVFSH0590.jpg

運動場はバスの駐車場だ。当時はそれなりに広いと思ったのだが・・・。
kitanoVFSH0637.jpg

垂水ゴルフ倶楽部  神戸市垂水区

私がゴルフデビューしたのがここ創立大正9年、神戸の財界人たちの要請によって創設された「垂水ゴルフ倶楽部」だ。今から25年前だ。1パーティー2キャデイだった。町の昔の名門コースだ。恥ずかしいスコアは今でもあまり進歩はない。tarumigcVFSH0634.jpg

ハンター坂定点観測 神戸市中央区

一枚目は山手幹線から見た10年前のハンター坂。
二枚目は5月4日に撮ったもの。
左側の1階部分がぺしゃんこの建物藤井ビルのレストランDANNYBOYは高校1年から卒業するまでバイトしていたパブレストランである。神戸在住で私と同世代かそれ以上の方だったらこの店ご存知だと思う。「新谷インテリア」の新谷さんデザインした内装は雰囲気があってすばらしかった。このビルは地震後最も早くというか一番早く更地になっていたと記憶している。

NHK神戸放送会館

nhkVFSH0642.jpg


私の小学校の斜め前にあるNHK神戸放送会館。5月4日撮影 

元生活創庫 名古屋

神戸が長かった私は旅行から戻ってきて三宮駅南東の神戸新聞会館北壁「山一證券提供富士山のタイル絵」を見たら「あー、神戸に帰ってきたなあ。」と感じたものだった。1981年のポートライナーの敷設で見えにくくなり、地震で喪失した。
さて、前置きが長くなったが、私が言いたかったのは名古屋っ子、東海っ子は名古屋に帰ってきたとき生活創庫の看板と建物をみて名古屋に戻った事を感じるのだと思っている。駅の西側は25年位前、河合塾村だったなあ。




トヨタ毎日ビル(戸川流管理人仮称)

大名古屋ビルヂングについで駅前のビルは豊田毎日ビルだ。半年前までは低層階だけだったが伸びて?いた。

大名古屋ビルヂング

今日は名古屋だがや~。友人のクーペを全塗装するということでお手伝いに名古屋に来たら「全塗装は日延べになりました」だって。めげない戸川流管理人は半年振りの名古屋を楽しむことにした。
名古屋駅おりたらまず目に付くのが(今までだったら)大名古屋ビルヂングdainagoyaVFSH0513.jpg

北九州空港

3月24日、オープンして間が無い北九州空港を利用。コンパクトな空港だ。
kitakyuuairVFSH0478.jpg


kitakyuuairVFSH0475.jpg
そこにとんでもないお方が私を迎えてくれて、なれない空港を丁寧に案内してくれた。
 

女神橋 長崎

2月○日
megamibasiVFSH0303.jpg

長崎の友人のクーペで出来て間も無い(昨年12月)女神橋を渡る。

ビッグサイト 台場

2/26
インターナショナルギフトショーで商談のためにビッグサイトへ。
結構な雨量。ズボンのプレスライン消え意気も消沈だ。

芝公園  港区

文字色芝公園は港区のオアシス。東京はオアシス多いね。
東京タワー。最後に昇ったのが35年前か。近々昇ってみたいなあ。マダムタッソーの蝋人形館てまだあるのかなあ。
で、なんで蝋人形館だったんだろうね。 

東京駅

14日久しぶりに車に乗った。(クーペではないが)走りながらパチリ。視線は前方向けてたので大丈夫?です。  

小倉城

転職してからは小倉に縁ができたが、これは立派なお城ですね。
遠景だけではなく今度は行ってみようと思います。
kokurajou1VFSH0365.jpg

« BACKHOME | NEXT »