rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2006-07
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

戸川号埼玉をSTROLLする(お買い物ブギ編)

(本日の記事につきましては、西日本地区でご覧になっている方には関西弁に自動的にコンバートされる設定になっております。)
金曜日は昨年秋に会社変わってからな、一番「インケツ」な日やったんや。思い出すだけでもほんまにめっちゃムカつくわ。
そんでな、仕事は山積みやってんけど8時に職場を出てな、1階のB.U.N.Abar20060730003435.jpg

でクラマトを一杯飲んどってん。ほんならやあ、ちょう聞いてくれや、なんで、お前、モニターがよりによって「カッコーの巣の上で」やネン。何枚もないやろ、店にDVD。マニアックすぎるわ、そんなんやったら頭切り替えることでけへんがな。そんでやあ、
クリーニング取りに行ってな、家の最寄り駅の近くのスナックBARはしご三軒してな、
megane3790614.jpg

もー最悪、カラオケ用のメガネどっかやってもたし、久しぶりにわし酔っ払ってしもうたがな。

そんでな、土日は連休を決め込んで朝から洗濯、前ゆうとった内装屋の社長と車のインテリアについて打ち合わせやって発注したんや、家帰ってからナ、何年かぶりにワイヤースポークのホイールを磨いてん。。指紋がなくなる。そやけどな、やっぱりクーペにはワイヤーがよう似合うわ、しゃあないけどな乗り心地と操縦安定性はあかんわ、そりゃアルミのほうがええわ。

今日は隅田川の花火か、バルコニーから楽しんだろか。その前にちょっと買いもんいっとこ。尾久橋通りから4号バイパスで埼玉戸川号初見参や。
saitamaP1020167.jpg


買いまくったるでえ。まずBLACKの赤と黒の皿2セット、ナカザトのステンレスフォーク3本、ナイフ2本、
sara124.jpg
20060730003501.jpg
ノーブランドの白磁パスタ皿1枚、車いじり用ポリ手袋120枚セット、
14インチモニターTVSHARP製CZ-880D、
20060730004627.jpg
20060730004309.jpg
ガレージ作業用SANYO製CDラジカセPH-PR960、

diverP1020187.jpg
MaryMaisonのステンレスダイバーウオッチ、
20060730004956.jpg
ミッキーマウスステンレスリストバンドウオッチ、  
そして極めつけはSANYO製ポータブルナビ「タッチゴリラ」20060730004856.jpg

2006年6月モデル(NV-420A)、出たばっかしやでえ。CD-ROMやけどTVチューナーついてるんやでえ。

なあ、みんな、いったいこれら全部で何ぼや思う?
(値踏みした価格を胸に抱いてRead Moreをクリックしてな。)

クーペいじり

今日のクーペ作業報告

1.近隣の内装工房にメーターパネルの赤革巻き加工を依頼。

2.同じくリアシート座面のウレタンフォームの補修を依頼。

3.ワイヤースポークホイールの掃除(くたびれた。古歯ブラシとっておいてよかった。)

4.前後バンパーをコンパウンドで磨き上げる。このリアバンパーはいずれrabbit blueさんとこにもらわれていく予定。

ノアの箱舟

7年ほど前、新宿で買い求めた作品である。通り過ぎようと私に「お前が買うように」とお告げがあった。
皆さんのノアの箱舟のイメージはどのようなものであろうか?
ハリウッド映画の「天地創造」をご覧になった方は巨大なノアが建造した箱舟に動物たちがツガイで列を成して箱舟に乗り込むシーンであろうか?それとも水が引いたあとハトがオリーブの葉をくわえてノアのもとに戻ったシーンであろうか。
私はこの作品の、神を恐れない人たちが大雨による洪水を避けるためにノアの箱舟に殺到して乗り込もうとしている場面だ。だが、もう遅いのである。すでにもう神の命令でノアが後ろ手で扉は閉じられているのである。
毎朝、家を出る時にこの画を眺め、自らを戒めこの世に出て行くのである。
ではご覧いただこう

CAROL

では映像を2連発
http://www.youtube.com/watch?v=CuihigFwezE&search=Yazawa

http://www.youtube.com/watch?v=tmEu6xjWyLM&feature=related
(7分7秒頃)
70年代、音楽シーン限らず日本の若者に最も影響を与えたのはCAROL、矢沢栄吉その人といっても差し支えないだろう。
糸井重里に「CAROLに触れていなかったら現在の私はない」だとか松任谷由美に「大ファンなんですう」とか枚挙に暇がない。
あなたはどんな影響を受けましたか?
「緊急電話」のラストのゴニョゴニョをレコード逆回転すると「全国の女性の皆さん聞いてください。あなたの・・・・・。」(書けない)という熱いメッセージにはワロタ。

荒井由美

荒井由美。まだ私が子供のころ、今の嫁さんと付き合い始めたときラブレターによく彼女の詩が引用されていた。今でも往時を想起すると胸がうずく。ディスコのチークタイムが「あの日にかえりたい」だったなあ。戸川流のユーミンは「ユーミンブランド」で終わり。その後は知らない。まだ生は観た事ないが近いうちに実現したい。誰か一緒に行く?

古いフィルムだ、これ。

http://www.youtube.com/watch?v=oGaML6xlyEM&search=eikichi

キャロルキング

今週のへヴィローテーション、キャロルキングのつづれおり何年か前娘がデヴューしてるんだものなあ。

 mhcp-257.jpg

   
このアルバムとの出会いは中学二年か三年のころアメリカ人の娘さんがアメリカに帰るからってくれた中の一枚。クイーン2、ペーパーレースとかあとフィラデルフィア系が何枚か、すべて台湾製のブートレグだった。その方のお母さんが昨年なくなった。よくしてくれたお母さんだった。
                              

焼き鳥定食 「鳥助」西新橋

西新橋でお昼ご飯時にいつも20人くらい並んでるのがここ。いちおう12時開店なのだが準備が済むまで入れてくれない。夏でも冬でも雨でも。今回何時まで待たされようと並び続ける不退転の覚悟で列の最後尾に着いた。12時8分ころすぎてようやく開店。23番目くらいの私の目の前で満席だ。席があくまで太陽とにらめっこ。まあ、日焼けサロン行かないでいいか今週はという感じ。
         toriP1020102.jpg


           
さて、25分ころに入店、うなぎの寝床状態の店内は、奥カウンター7~8人、こあがり4人がけテーブルが2、2人用テーブルが1。あと4人がけテーブルが2。品書きやメニューはない。これはやはりこの店にらんだとおり只者ではない。壁にも何も貼ってない。多分選べないのであろう。隣の爺たち四人グループも初見だったのだろう。店のしつらえに明らかにひるんでいる。さっそくご飯が運ばれてきた。小ぶりだ。若いOLもお替りを要求必死だ。
 

岡山ミーテイング

20040313_okayama_099.jpg

この画像は岡山でのミーティングでの1コマ。

「MOTOWN MEETS THE BEATLES」

MOTOWNの面々がBEATLESの名曲をカバーしてる「MOTOWN MEETS THE BEATLES」。戸川流の場合、迷ったらMOTOWNに戻れだ。masa117さんのBEATLESに対するいれこみは相当なものだがこれを受容してくれるだろうか?
motownB000001A7Q.01.jpg

「JAZZ」QUEEN

「JAZZ」クイーン。ご存知の方も多いが、レコ中にモントルーのJAZZFESに行って影響を受けたとかないとか。とにかくアルバムタイトルの「JAZZ」は「JAZZ」ではない。雑多なというJAZZであっていわゆる「JAZZ」でない。117親父さんは無理だろう。モスリムの方にはお勧め?(多分)

jazzB000000OAH.01.jpg

「CLASSIKAHAN」CHAKA KAHAN

「classikhan」CHAKA KAHAN
これはあたりだ。ロンドン交響楽団もフューチャー。
ダイアモンドは永遠にとかゴールドフィンガーも入ってるよ。>メディチさん
ジョーサンプルやシーラEも参加。
ファンクなしなのでパンジャさんや117親父さんもいけると思います。
kahnB0002X7G8E.01.jpg

C'etait un Rendez-vous考

私が名古屋に住んでいた時、気にかけて出張の帰りに立ち寄ってよく食事を誘ってくれた兄貴分Sさん。昨年Sさんからある映像を紹介していただいた。
「C'etait un Rendez-vous」、35年もの間、好事家の間で語り継がれた珠玉の短編映画。1976年クロードルルーシュの編み出した作品である。
金持ちがフェラーリを買うのか、フェラーリに乗りたいがために制作に勤しむのかといえば彼は後者だろう。(多分)

8月の早朝5時30分短いながらもエキサイティングな8分あまりの出来事
パリの環状道路のフォッシュ通りを抜けるトンネルから始まる短いドラマに釘付けだ。フォッシュ通りからシャルルドゴール、シャンゼリゼ通り、ラムセス二世のオベリスク
コンコルド広場からカルーゼル凱旋門、オペラガルニエ、テアトル広場からモンマルトル丘のバルヴィス、サクレクールの階段まで信号無視すること18回、対向車線を走るわ、一方通行逆走するし。
  この作品の主役は車とそのヘルムスマンだ。車はルルーシュ所有のフェラーリの275GTB(4カム)かはたまた別のフェラーリか、アルピーヌのルマンカーだとか囁かれてるし、操り手はF1パイロットのジャック・ラフィーとかジャッキー・イクスとかいわれている。
画もすばらしい、子供のころからカメラ好きなルルーシュはバンパーに
ジャイロカメラを据付けて撮影。パリの荒れた路面でもスタビライズされた画像は秀逸。
 また今回のルートは平均時速140キロで最高速度は200キロであったとルルーシュは語っている。ほんまか?

船あそび(横浜開港記念みなと祭第51回国際花火大会)

お招きを受けいそいそと平和島へクーペを転がす。

今日のお船はこれ、
   shukouP1020152.jpg
命名は石原慎太郎です。
   久しぶりの船遊び。羽田を右手に見て一路横浜へ。途中潮をかぶってパンツまでびしょぬれだ。
            hanedaP1020151.jpg

    山下公園前に停泊、何隻ぐらいいるだろうか?100隻ぐらいかな大型帆船、屋形船、釣り船、漁船、ヨット、クルーザー大、中、小取り混ぜて。みなと祭りは停泊許可の設定がないため大勢集まってきている。19:30始まり。
hanzbiP1020147.jpg
   
hanzbiP1020146.jpg

うまく撮れなかった。hanabi2P1020145.jpg



            1時間のショウを楽しんだ後平和島へ戻る。

戸川流トルコライスおうちごはん

トルコライスは外食という概念を崩してくれたのはブログ仲間のmaaさんのコメントである。そこで戸川流はトルコライスをおうちごはんで作ってみた。

キリ番GET!その後

以前みふブ-さんのブログのキリ番踏んだことは披露させていただいたが本日キリ番踏み記念のお品が届いた。

何を送ってくださるのかなあ、もしかしてアレじゃないかと思ったら・・・



9月9日、10日

この9月9日10日は私は軽井沢で過ごすことになりそうです。会議がなければいいがなあ。

トルコライス 「つる茶ん」長崎市鍛治町

長崎に来てトルコライス食わずに帰れるか。飛行機の時間を気にしながらyosさんにトルコライスを食いに連れてってもらう。若い男性はみんな好きだ、トルコライス。

女性の中では「トルコライスって何?」という方もおられると思うのでyosさんご推奨のブログを紹介しておこう。

さてこれで判ったかな?トルコライス。

今回は思案橋の隣町である鍛治町の九州最古の喫茶店といわれる「つる茶ん」。     turytaynnP1020110.jpg




「お皿が足りなかったわけではありません」か。いいぞ!長崎人!ウイットに富んでる。
turutya3P1020108.jpg


戸川流はもっともベーシックなトルコライスをお願いした。

CROSSFIRE

       cross2P1020139.jpg

 会社の近所の交差点でCROSSFIRE発見!プアマンズマイバッハって感じ。10万から15万円くらいまで値落ちしたらほしいアシ車リストに入ったなあ。ちなみにそのリストにラインアップされてるのはBMW325、328カブリオレ、ポルシェカレラカブリオレ、ベンツW107SL。   crossP1020140.jpg

JON SECADA 「heart,soul & a voice」

今、JON SECADAの「heart,soul & a voice」を聴きながら書き込みしています。


 secada.jpg

                         
 

東伊豆ツーリングアーカイブ

togawagou.jpg


この画像は昨年東伊豆での1コマ。

長崎で遊んだこと(yosさんのアジトその3 スモールフェイセス)

長崎での出来事のうち「あれ?」と思ったことが二つあってそのひとつ。以前ブログ仲間のさすらい野郎さんがご自身のお気に入りの紹介で「スモールフェイセス」について記述されていたところがあった。 それ以降「スモールフェイセス」は私の気になる作品となっていた。
昨日yosさんのアジトで私の座った席の前にスモールフェイセスがあるじゃないの。しかもDECCA版が。私たちが来るまで聴いてたんだって。あたしゃあ、一瞬さすらい野郎さんとyosさんが同一人物じゃあないかと混乱した。

長崎で遊んだこと(yosさんのアジトその2 黄金の七人)

長崎での出来事のうち「あれ?」と思ったことが二つあってそのひとつ。以前ブログ仲間のさすらい野郎さんがご自身のお気に入りの紹介で「黄金の七人」について記述されていたところがあった。それ以降「黄金の七人」は私の気になる作品となっていた。
昨日yosさんのアジトで私の座った席のとなりの棚にあるじゃないの。「黄金の七人」第一巻と五巻セットが。あたしゃあ、一瞬さすらい野郎さんとyosさんが同一人物じゃあないかと混乱した。

長崎で遊んだこと (yosさんのアジトその1)

男5人の合宿の始まりだ。 戸川流が持参したビデオを観る事にした。
そのタイトルは、タイトルはうれしはずかし 「ハレンチ学園」 である。先だって亡くなられた脚本家鴨井達比呂の作品である。
  しかし・・・、残念ながら皆の賛同が得られず中途でストップすることとなった、うーん残念。
 次、一応クーペ仲間の合宿ということで 「20世紀の名車たち117クーペ編」をつなぎで観る。
    そうこうしているうちに最近の米国車、独車の話に展開、スカルさんのコレを見たり、メデイチさんのコレを観たりして楽しんだ。
 
     orenji.jpg

  最後は極めつけのコレだ。私は中学生の時に劇場で観ている。男四人(最大6名だったが妻帯者2名はすでに引き上げていた)黙って二時間、おしゃれな?映像にはまってしまった。これは先立って書いた岸辺のふたりとは違うものであるがとにかく沈黙の中で最後まで観切ったのである。
 ワールドカップ三位決定戦は寝ながら音声だけが耳に入ってきていた。気づくと朝だった。

長崎で遊んだこと。(池ヤン号)

土曜日の会議が終わった後、博多駅で筑紫口で池ヤンと待ち合わせ。
  0708P1020117.jpg

池ヤン号で長崎までGO!画像はわかりにくいがフロントフェンダー、リアフェンダーとも大きくたたき出されていて幅広ホイールを収めている。
  もともとはクーペBlancというが改造、また改造でブランの面影はない。
それなりのスピードで長崎道を快走、長崎駅周辺で待ち人と合流。
 行きつけのお店らしい小料理屋でお刺身(アジ、イカ、鯨)をいただく。
グラスビール一杯。ひとしきりついたところでyosさんのアジトへ向かう。
池ヤンは酒をたしなまないので飲酒運転ではない。

 

長崎行

日曜日は こんな人とか、こんな人とか、こんな人とか、こんな人と遊んじゃいます。

いすゞ質店

isuzusititenP1020108.jpg

ここはいすゞ関連の質草だと高く貸してくれそう?

大阪では質屋のことを「いちろく銀行」といいます。

用例 「ほな、いちろく銀行行ってくるわ」明るく振舞うのがコツ

CLAMATO

kuramatoP1020090.jpg

最近CLAMATOにはまっている。まだの人は一度試してみて。トマトとハマグリの融合だ

消防車

 この前の土曜日サイレンが自分ちの前で止まった。おそるおそる2階からのぞいてみると・・・

キリ番GET!

メディチさん のお友達の みふブーさんのブログでキリ番ふみ。


なにかいただけるらしい。

証拠の画像

HOME | NEXT »

FC2Ad