rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージック・ポートレイト~人生が1枚のレコードだったら~

いい番組でした。
松任谷正隆氏と姜尚中氏が半生を振り返り、10曲づつピックアップし1枚の
レコードになぞらえるという番組です。

musicP1000609.jpg

「茶摘み」
「リンゴ追分」
「中央フリーウェイ」
「ゴールトベルク変奏曲」
「いつか夢で」、
「アイドルを探せ」
「500マイル」
「イムジン河」
「ヨイトマケの唄」
「リリー・マルレーン」
「砂にきえた涙」
「帰って来たヨッパライ」
「フォギー・マウンテン・ブレイクダウン」
「The Shadow of Your smile」
「The Weight」
「Born to be Wild」
「You are everything」
「OFF THE WALL」
「今夜はDon’t Stop」
「ほうろう(2010)」
私が最初に買ったレコードは天地真理の「水色の恋」。

50年どの歌で構成されてきたかはもう少し考えてみます。


松任谷氏の「ユーミンというものは二人で作り上げてきたと皆さんは
言ってくれてるけどそうではない。彼女に救ってもらってたんだ。
最後には二人で作り上げてきたと言えるようになりたいけど、
今は言えない」みたいなことを言っていたのが興味深かった。

皆さんの10曲はなんですか?

コメント

この記事へのコメント

中央道のれば「中央フリーウエイ」口ずさむし、「ヨイトマケの唄」もカラオケで歌う。

ほうろうのリメイクはまだ聞いていません。
忠さんに会いに行こうかな。
ご一緒する人います?

うんちくさん、

そうそう、LOSTCITYありましたね。
近所にステーキの「ハング」があって高校時代のデートに使ってました。

ちなみに元実家が神戸JAZZ STREETの会場の一つです。
第一回目の会場の要請があった時に喧々諤々ありましたがパパが受け入れ決めました。

流石松任谷さんですね。
Foggy Mountainが出て来るあたりBLUEGARSSファンのワタシは大いに納得です。
http://www.youtube.com/watch?v=lf6bIKlVfrA

 トアロードを降りて行って商店街が切れる手前の路地を右に曲がり左手を見るとそこはもう別世界。
http://www.geocities.jp/jsongbook/s/40LCtheme.html
学生時代に厚かましくもフィドル抱えて通いましたっけ。
 
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。