rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜西口物語

今日は叔父の告別式で横浜に来ています。
西口にバス到着。ynishiguchi画像 005
ynishiguchi画像 004
上記両画像ともphotoshopにてシャドウを明るくしています。
それでないと真っ黒クロ助だったんです。

iPHONE充電用だったので付近のコンビニを3軒回ったが
いずれも略奪にあったかのように商品はまばら。

入用のものも入手できず、MORES裏のインターネットカフェで充電することにした。
(3時間880円パック)

1時間半300円でほぼフル充電できた。

カフェをでて工事中のフェンスに興味深い資料が掲出されていた。

ynishiguchi画像 006
私定点観測好きなんです。

ynishiguchi画像 007
高島屋と言えばやはり 「悪の十字架事件」 を想起してしまう。

ynishiguchi画像 008
「現在の妻です」と言うのは写真の提供者のことなので誤解ない様に。

鶴屋町二丁目交差点角にある得意先がどうなってるか見に行ったら
空きテナントになっていた。

ynishiguchi画像 009
特にコメントなし。


喪主であるいとこは1年前に30歳の女性と結婚した。

51歳バス好きが高じて3年前に路線バスの運転手になっている。
路線バスが好きで路線バス会社を興した人をテレビで放映していたが、
身近にそれに類する人がいたのには少々驚いた。

蓮沼の施設にいる母の兄嫁のお見舞いに行った後、母と妹とは蒲田駅で
別れた。

道中社長から連絡があった。「すぐに上長に連絡せよ」と。

上長に連絡したら、執行役員が替って「君に加古川へ行ってもらいたい」だって。

加古川に転勤することが決まりました。 

蒲田である人とあった後、新橋1号館「たこ助」「りぼん」に立ち寄った。

夜行バスに間に合わなかった。

やむを得ず新橋泊、新幹線始発で会社に行き洗面所でひげを剃った。

横浜西口物語終わり。


コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。