rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーテック

ザガ―トホワイトメーター
au 002
オーテック・ザガード・ステルビオ。
私の主治医のプロパティ。
国内販売100台とのこと。
インテリア素材は革とアルカンターラがうまく使い分けられている。
ocmtg01.jpg
後ろから見たところ。
ocmtg02.jpg
リアクオーターから見たところ。
ocmtg05.jpg
フロントから。
こうしてみるとほぼ同年代のアルファのSZと面の張り方が似ている。
au 001
メーターは4月現在で1800キロほど。

コメント

この記事へのコメント

拝見しました

見れば見るほど奇怪な車ですね。
しかし現在の薄味の顔のクルマたちと比べると
ずいぶん個性的な時代でした。
ボディーはアルミなんですね。ずいぶん手が掛かってますね。当時の値段を聞くと納得ですが・・・

これみるとSZ維持する気持ちがわいてきます。

くろエク さん、

http://d.hatena.ne.jp/gianni-agnelli/20101118/1290006041

オリジナルで110台、ドアミラー式で30台生産されたそうです。

ボデイはアルミ。バンパーとボンネットフードはカーボンだそうです。

ドアミラーの仕様のでなく
オリジナルと同じフェンダー一体ミラー仕様ですね。
素材はSZと同じで厚めのFRPなんでしょうか?
それともアルミ??
生産台数からはFRPですかね?
なんだかちょっとSZと同じ香りがします。

p.s.昨日豊中で155TI-Zagato見かけました。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。