rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫オフミ2013 LAST DAY

雨も心配されたこの日、誰が晴れ男なのかとてもいい陽気だった。
朝は杏杏の朝粥をいただくはずだったが遅く起きたせいで頓挫。
メデイチさんと本日の昼食会場である「再度山荘」に向かう。

stt201303 176m
このトンネルを抜けると瞬間的に市街地から山中にワープできる。stt201303 177 m


山手大学からのルートは熟知しているが今回はカーブNo.13の山道ルートなので早めに着いて
下見をしたかったのだ。
stt201303 179 m

市営無料駐車場に停めてカーブNo.13まで登りそこから谷を降りる。
軽整備されているが谷がわには何の手すりらしいものもなく
街の靴は排除される。スカルさんが知人とご一緒されるとうかがっていたので
ハイヒールでなければいいなと案じた。

店の準備をされているオーナーやスタッフに声がけした後、
本日の待ち合わせ場所に来た道を登る。
我々はアルコールの摂取はしないが、しこたまビールを飲んだ後ではさぞかしこの谷に沿った山道を
登って行くのは難儀することだろう。

待ち合わせ場所にはスカルさんの砂漠甲虫ことバハバグが停まっていた。
stt201303 186 m

私が関西に越してから最初にあったのがバハバグに乗ってきたスカルさんだった
あれから三年か、光陰矢のごとし。

スカルさんとお連れさんをメデイチさんに引き合わせた後、
CXー5に乗ったていしあさんとスナフキンさんが合流。挨拶そこそこに「再度山荘」をめざし
再度ドライブウェイをのぼっていく。
スカルさんのお連れさんはスポーツシューズだった。
谷沢沿いの道をゆっくり歩いて会場についた。

IMG_3237 m

石段一階段ごとにおもてなしのお花がおかれてある。
画像は小さくてお花は見えないかな。

本日は期間をおいての予約だったが陽気が良くなった時節柄
テラス席は取れずキャビンでのお食事となった。

スカルさんを皆にお引き合わせするの初めてであるが
そこはブログ仲間、直ぐに意気統合。

お料理はスープ、パン、サラダ。
そうしているうちに四十数年変わらない漬けダレのスペアリブ
(大)をいただく。
IMG_3233 m

素晴らしい陽気とロケーション、素敵な仲間とのおしゃべり
でより美味しくいただけた。
手づかみでかぶりつく、骨をしゃぶる。
チキンも美味しくいただいた。
昨年作った自家製窯のマルガリータ、マリナーラをいただく。
IMG_3232 m

201303 025

昨年新調したまきストーブの上にはマシュマロと長めの串が置いてあり
フリーでいただける。
201303 026


対岸の火でマシュマロを焼くという諺を思い出した。

歓談のあと見晴台に行って記念撮影。
stt201303 190m

この下のビーナスブリッジで昔「ザベストテン」沢田研二が歌うたってた。

健康である事とまたまたの機会を約束しながら散開した。

天候にも恵まれて総じてお店での過ごし方や流れもスムースで皆さんお楽しみいただけたと思う。

コメント

この記事へのコメント

スカルさん、

市街地から近いのにあの自然にあふれるロケーション。
先日も大学のクラス会で利用しました。
例の赤いラビットをプレゼントしました。

スカルです スペアリブおいしかったです
お誘いいただき有難うございました

バハも久しぶりにワインディングを走れて
うれしそうでした

メディチさん、

いつでもお泊りください。

戸川流 裏神戸ツアー 楽しませていただきました。
秋頃に またお邪魔したいと考えています。

ほんとに楽しい3日間でした。ありがとうございました。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。