FC2ブログ

rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2020-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

旧神戸ユニオンチャーチ

旧神戸ユニオンチャーチが移転して、跡地がフロインドリーブになって久しい。
旧神戸ユニオンチャーチは昭和四年ヴォーリスによって設計され、終戦間際に空襲によって屋根部焼失。戦後修復され移転まで教会として使命を果たしてきた。

買主はかつて礼拝堂で結婚の挙式を挙げられた方と聞いている。再び相当な額を投じて建物をリフレッシュされて現在に至る。

売却時にあった講壇、椅子その他の備品は神戸バプテスト教会が譲り受けた。
推定であるが、この備品譲り受けに関してはバルク良子氏(井上恵美子さんの実姉)が関わっておられたのではないかと思っている。

ビリーバルクと良子氏は米国籍であるかどうかにかかわらず、神戸居住の外国人との間の優れたコーディネーターであって、戸川家も家族ぐるみでずいぶん影響を受けた。帰国する外国の方が処分する411型ブルーバードSSSの中古車を紹介していただいたり、猫を譲り受けたり(元の名前はFluffyであったがうちに来てタマに改名、当初呼ばれても自分が呼ばれているとは思わなかったらしい)、人生はじめてのアルバイトをあの「Danny Boy」ですることになったのも良子さんの問いかけがあったからだ。

テキサス出身で、武庫川女子大で教鞭をとっていたビリーバルク氏は帰化して日本人になっている。

さて、話をフロインドリーブに向けよう。
(二題)
阪神大震災の前まではハンター坂南詰、にしむら珈琲本店やDanny Boyのちょこっと北側にあったフロインドリーブ。うちのお客様へのお待たせはシュトーレンではなくアーモンドパイ(L)であった。50年くらい前で350円だったかな。
よくお使いに行ったものだ。
このLサイズはホームページによると働き方改革の余波でカタログ落ちしたっぽい。

そのフロインドリーブ初代社長は第一次世界大戦で日本の捕虜になり来日、終戦後、敷島パンの技術指導してその後なだ万に在籍し、しばらくしてフロインドリーブを設立。
NHKの朝の連ドラ「風見鶏」のモデルとなった。劇中で彼を演じていたのは蟇目良。
そしてヒロイン役が祖父の姪っ子新井はるみでした。撮影始まる前と撮影終了後の二回、祖父に挨拶に来ていた。妹たちは一緒に写真とか撮ってもらっていたが私は色気付く頃なので拒んだような気がする。

新井はるみがやってきた
http://jbsqn117.blog19.fc2.com/blog-entry-938.html
2019112608331015d.png


20191126083156d4c.png

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

HOME |