rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2017-11
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物  鳥取市東町

夏に来たときはまだベタ基礎だった。二ヶ月でここまできたかー、早いなー。
hallP1000348.jpg
梁の赤松は280年物だという。
hallP1000333.jpg

hallP1000343.jpg

hallP1000337.jpg
床下の材木も一等もんだ。施主より施工側の方が気合入ってるわ。

コメント

この記事へのコメント

jamayanさん、

この曲がった木は雪の重みで曲がった材をしようしたと聞いております。

立派な梁を使ったダイナミックな加構ですねぇ!!^^
白川郷のおっちゃんも言ってましたが立派な赤松は
もう手に入らないそうです。
>施主より施工側の方が気合入ってるわ。
建築屋のあるべき姿ですね!!^^
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://jbsqn117.blog19.fc2.com/tb.php/687-3cb16a38

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。