rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2017-06
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電磁式トランクオープナー設置

トランクオープナーは今ではほとんどの車についているが、当時から117クーペは最初から設定されていた。過去形なのは78年型に復活するまでこの設定ははずされていた時期があった。戸川号はそのオープナー空白の時期に生産された個体である。
エンジンを切り、天気のいい日はいいが雨の日はずぶぬれになってシリンダーにキーを突っ込んであけてたのだ。名古屋時代に自家塗装をした際、リアガーニッシュを取っ払ったため、エンジンかけたまま、マイナスドライバーで開けれるようにカイゼンした。 
トランクオープナー0


今回、ikeやんからかねてより頂戴していた53年式以降に設定されていた「電磁式トランクオープナー」を移植することにした。

まずはトランクを開けて、
opennner3.jpg


トランクオープナー1


内張りをめくって
openner2.jpg

ナットを三個はずす、

今までついてたキャッチと今回移植するキャッチopen5.jpg

形状はまったく一緒だ。

移植するキャッチとモーター、
open6.jpg


モーターについてるソレノイドが干渉したので固定しているブラケットをドリルでもんではずす、スイッチはハンドブレーキそばの穴を利用。
open2.jpg

切り欠き分を削る。
open3.jpg

もとからあったようにすんなり収まった。
open7.jpg


コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://jbsqn117.blog19.fc2.com/tb.php/717-a45555a2

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。