rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下仁田ねぎ

下仁田ネギが128円だったので買ってみた。
P1040020.jpg
クーペを知らなかったらここまで下仁田ネギをこだわる男になっていなかっただろう。
なになに、葉の部分が枯れているのが下仁田ネギの特徴ですと。
私が下仁田ネギに関心を持ったのはこのイベント時からである。
そのイベント

で、下ネタ、失礼,
わざと間違えました、下仁田ネギの調理法が裏面に書いてある。

ホットサラダ
材料5人前 下仁田ねぎ2~3本・マヨネーズ
①下仁田ネギ(白い部分は)5センチくらいのぶつ切りにします。
②皿にねぎを並べラップをかけ、役2分ほど電子レンジでチンします。
③熱いうちにマヨネーズをかけていただきます。

ほか、JA全農ぐんまのサイトより
 「下仁田鴨ねぎ」 

コメント

この記事へのコメント

葱と蒟蒻 下仁田名産

上毛カルタの一枚だそうで。
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Sirius/7149/jomo_karuta.htm
下仁田は温泉もいいよね~。

元前橋市民です。
一応地元なんで結構フツーに食ってましたが初めて食った時はビックリしました。
 食い方?単に焼いて味噌付けて食ってましたがご飯のオカズになる葱は多分これ以外に無いと思うです。

昨日なぜか下仁田ねぎが気になって検索して調べたところです。不思議なことがあるものですね。

このタイプのネギは白い部分と青い部分が半々になって売られていて、どこを食べるのか分からなくて今まで買ったことがありません(元々白ネギ自体にあまり馴染みがなかったので)。今度見つけたら買ってみようと思います。

たかが葱、されどネギ...ですよ。

この辺のが理解し易いですかね。
http://www.shimonita-negi.com/negi/about/02.html

我が家では暮れに仕入れた「山の方の希少品」20本をぼちぼち楽しみながら食してます。
必要でしたら手配できますけど、山の方のは晦日を待たずに完売してしまいますので早めに予約しとかないと入手できないです。
平地の馬山のでしたら今でも普通に買えますけどね。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://jbsqn117.blog19.fc2.com/tb.php/837-c1203f86

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。