rosso e nero戸川流

117クーペを媒介としたお交わりを軸に全方位にむけたダイバーシテイブログです。

2017-04
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドアヒンジ

CIMG2144.jpg

クーペのドアは重い。一人で脱着すると腰を痛めてしまうほどだ。それゆえ、ドアヒンジにかかる負荷は並大抵のものではないだろう。戸川号のヒンジも相当傷んでおり、クーペの美点のひとつであるデザインされたドアの開閉音もいまいちになっている。
ikeやんは奮発して新品を購入されたのだが私にはそれができなかった。先の解体ショウで提供されたドナーからいただくことにした。
 
ボルトをはずしヒンジを手に取ると、「あれ!」左右が入れ替えられていた。開閉頻度の低い左側ヒンジと入れ替えたのだろう。ボルト穴位置は左右対称であるのでこの芸当ができるのだろう。重いドアだからローテーションできるように設計されているとしたらさすがといっておこう。

コメント

この記事へのコメント

その節はお疲れ様でした。
本音言うと一人位犠牲者が出るんじゃ無いかと危惧しとりましたが全員無事で何より。
 件のドアヒンジですがウチも一人で左右ドアの脱着したクチで懲りており見なかった事にしました。
 はっきり言うてやれるけどやりたく無いですもんね。
 
 
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://jbsqn117.blog19.fc2.com/tb.php/872-be59daa7

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。